ネーム印の使用用途

Pocket

ネーム印はその性質上、印鑑の中でも最も使用頻度が高い印鑑であると言えるでしょう。しかし、手軽で簡単に押印できる印鑑だからこそ公的にどこまで効力をもつ印鑑なのかなど実用面で疑問が残ってしまうのも事実です。今回はネーム印をこれから購入しようとしている方に向けて、ネーム印はどの程度までなら使用することができるのかという点について紹介します。

ネーム印まず、会社などで使用する場合ですが、社内報など公に出ることがないと考えられる書類などについてはネーム印が役立ちます。やはり、公に出てしまう書類や契約書などは一般的にNGとなる場合もあるので、そのような重要な書類はしっかりとした印鑑を使用しなければいけません。

個人についてですが、個人で使う場合、例えば宅配便や書留などのサインについては、このネーム印で一般的には大丈夫です。しかし、銀行口座開設時や印鑑登録など会社同様に公に出てしまう書類などについては、相手側がNGにしている場合がほとんどですので、使うことができない場合もあります。従って、個人でも会社でもネーム印の使用用途をしっかりと把握した上で、本当にネーム印が必要なのかどうかを自分自身で見極めてから購入するようにしましょう。

ネーム印の種類

Pocket

みなさんも家や職場などでネーム印を使うシーンが多くあるでしょう。手軽に押せる印鑑というだけあって、使われる用途も幅広く、印鑑の中でも特に重宝されるタイプになっています。そんなネーム印ですが、いくつか種類がありますし、購入する際には通常の印鑑同様に注意点があります。今回はこのネーム印についてみなさんに紹介します。

ネーム印まずはネーム印の種類です。1パターンと思われている方も多いようですが、実はネーム印にもサイズが存在しています。ネーム印を販売している会社ごとでそのサイズは異なりますが、基本的にはどのネーム印のサイズも大幅には変わりませんのでその点は購入する際にあまり神経質になる必要はないでしょう。

その他にネーム印は押印部分がゴム製になっていますが、その押印部分が乾かないようにキャップが付いているネーム印とキャップが付いていないタイプがあります。キャップが付いていないタイプは押印する時に回すことで押印面を出すタイプになりますので、どちらが良いかはご自身の好みで決めても良いでしょう。ただし、ネーム印はインクを使用していますので、インクは消耗します。インクを消耗したら補充しなくてはいけませんので、インクの種類や補充方法などは、しっかりと確認してから購入するようにして下さい。

ネーム印と呼ばれる印鑑と通販について

Pocket

ネーム印と呼ばれる印鑑をみなさんはご存知でしょうか。ネーム印と言われて少し疑問が浮かぶ方も多いかもしれませんが、シャチハタと言えば誰でも分かるのではないでしょうか。今回はこのシャチハタと呼ばれるネーム印についてみなさんに分かりやすく紹介します。

ネーム印そもそもネーム印と言うのは、通常の木彫りや金属などの素材の印鑑を朱肉に付けて捺印するようなタイプの印鑑ではなく、朱肉をつけなくても簡単に捺印ができるタイプの印鑑を指します。朱肉に使われているインクをネーム印の本体に最初から内蔵し、ネーム印を紙などに押したときにその刻印からインクが出るように加工されたゴム印を、浸透印と言います。この業界では、そのような浸透印の中でも名前を捺印するときに使う丸型の印鑑を主にネーム印と呼ぶのです。

このネーム印は朱肉が必要ないので、ネーム印だけを所持していれば、いつでも簡単に自分の名前などを押印することができます。利便性が高いため、個人だけではなくビジネスの場でも広く使われています。そんなネーム印ですが、購入方法は通常の印鑑と同様に、基本的にははんこ屋さんで購入するか通販で購入するかのいずれかになります。後者の通販では様々なタイプがあり、どれを選んで良いか迷ってしまうこともありますが、特にオリジナル性を求めないのであれば、どこの100円ショップにも今はこのネーム印が販売されておりますので、そちらで購入することもできます。

《参照リンク》INKAN Direct