ネーム印の使用用途

Pocket

ネーム印はその性質上、印鑑の中でも最も使用頻度が高い印鑑であると言えるでしょう。しかし、手軽で簡単に押印できる印鑑だからこそ公的にどこまで効力をもつ印鑑なのかなど実用面で疑問が残ってしまうのも事実です。今回はネーム印をこれから購入しようとしている方に向けて、ネーム印はどの程度までなら使用することができるのかという点について紹介します。

ネーム印まず、会社などで使用する場合ですが、社内報など公に出ることがないと考えられる書類などについてはネーム印が役立ちます。やはり、公に出てしまう書類や契約書などは一般的にNGとなる場合もあるので、そのような重要な書類はしっかりとした印鑑を使用しなければいけません。

個人についてですが、個人で使う場合、例えば宅配便や書留などのサインについては、このネーム印で一般的には大丈夫です。しかし、銀行口座開設時や印鑑登録など会社同様に公に出てしまう書類などについては、相手側がNGにしている場合がほとんどですので、使うことができない場合もあります。従って、個人でも会社でもネーム印の使用用途をしっかりと把握した上で、本当にネーム印が必要なのかどうかを自分自身で見極めてから購入するようにしましょう。